^越前堀永谷マンション

今年もスポーツ界にはいろいろなことがあった。毎年のことではあるが、自分の好きなスポーツで振り返ってみたい。

・バレーボール
まず、女子。「ハイブリッド6」なるものを引っ提げて臨んだこの一年。結果として、良い方にも悪い方にも転んだ。ワールドグランプリでは、相手が慣れていないせいもあってか、準優勝できた。しかし、世界選手権ではやはり相手がある程度対応しだしたために7位という結果に終わった。この戦法をやり続けるか、幅広く議論してもらいたい。
男子は、真っ白なところからのスタートの一年であった。その何もない状態からアジア大会準優勝は評価できる。来年も、とにかく強化だろう。そして、リオ五輪予選を目標に強化してほしい。

・サッカー
とにもかくにも、W杯の敗戦だろう。個人的には、組み合わせに恵まれなかったことが最大の原因であると思う。特に、コロンビアの強さには、大げさかもしれないが、目が引っくり返るような感じだった。
もう、新たな戦いは始まっている。来年一月のアジアカップ、優勝してほしい。

・野球
今年の巨人は、以前書いたように「不思議な優勝」であったと思う。ただ、選手一人一人の意識の高さが優勝につながったと思う。
ソフトバンクの日本一は、ある程度予想の範囲内だった。来年、工藤新監督のもとでどのようにチームが変わるか。非常に楽しみだ。

以上、たった3競技ではあるが自分の感を述べてみた。
来年も、楽しみたい。越前堀永谷マンション